何の変哲もない咲の地名紹介

動画を作ったもののブログ版です。さらにわかりづらくなるかも。最近は地名紹介以外の小ネタも多くなってます。文章がgdgdなのは仕様です。当面は不定期更新です。

北海道・東北

青森県代表・千曳学園と去年の代表・合浦女子

気が付けば今年もあと1ヶ月ですね。
来年はもう少し頑張りましょう、俺・・・

今回は副将戦が進行中ということで、ダヴァンさんにちなんで去年ダヴァンさんが飛ばした合浦(がっぽ)女子と今年の青森の代表校である千曳女子の紹介です。
ただし、あまりいいネタがなかったのでほぼほぼ普通の紹介記事になると思います。


千曳1













まずは今年の代表校・千曳女子の紹介。
由来となったのは青森県上北郡東北町(とうほくまち)にある千曳という集落。
東北町は太平洋側の下北半島の入口のような場所にある町です。
千曳2












青い森鉄道の千曳駅周辺がおおよその場所になります。
青い森鉄道は東北新幹線が盛岡-八戸間が開通した際にJR東北本線が第三セクターに移管された際に青森県の区間で誕生した鉄道で、現在は岩手県の目時(めとき)駅から青森駅までの路線となっています。
東北本線の岩手県区間(目時-盛岡)はIGRいわて銀河鉄道という名前で運行していて、付近に姉帯という地名がある小鳥谷駅や一戸駅もこのIGRいわて銀河鉄道の駅です。

千曳駅を訪問された方の動画がありましたが、駅周辺は何もないようです。
この千曳駅から少し離れた所、東北町から七戸町へ入ったところに千曳神社という神社があって、この神社の近くには坂上田村麻呂が矢尻で「日本中央」と記したとされる「壺の碑(つぼのいしぶみ)」があり、和歌の歌枕として千曳のことを詠った和歌がいくつもあるようです。
詳しいことはさくやこのはな様の千曳学園の記事にも色々書かれておられますので、そちらも是非。

続いては去年の青森県代表校の合浦女子の紹介。
合浦1











由来となった地名は青森県青森市合浦。
青森駅から少し東にあります。
合浦の地名の由来やダヴァンさんがアメリカ人ということでアメリカとの繋がりが何かないか調べてみたのですが、残念ながら今回は見つけることができませんでした・・・。
日本以外にも昌原市(旧馬山市)の合浦という元寇の際に元・高麗側の拠点となった港がある地名があったのでそちらも何かないか少し目を通してみたのですが「これも何か違うなぁ・・・」となってたり。
合浦3













ちなみに合浦のおおよそ半分は合浦公園という公園が占めています。
桜の名所としても紹介されている合浦公園の中には海水浴場や青森市営球場という野球場があります。
青森市営球場は日本プロ野球界初の完全試合が達成された球場で、現在は高校野球の青森県大会の決勝などが行われている球場です。
昔は青森競輪場もこの公園内にあったそうですが、現在は別の場所に移転されて跡地は広場になっているようです。
合浦女子もいつかは多治比さんや南浦さんみたいに出番はあるのでしょうか?

今回はここまで。
年内はあと2回更新する予定でいます。
1回はまだどこか決めていませんが地名紹介、もう1回は当初動画で作る予定だったちょっとしたデータ?ものを記事にしようかと思います。
急激に寒くなってきました、皆様も体調を整えて残り1ヶ月頑張っていきましょう。
それでは。

岩手県代表・宮守女子高校と小瀬川さんの髪の色とか塞さんの苗字とか

ゲーマーズで咲ミュージアムが開かれるそうです。
自分も1度は期間中に訪れる予定です。
あとニコ生の咲なま姫松編見てました(風呂入ってて途中からの視聴でしたが)。
松田さんの13面待ちでゲラッゲラ笑わせてもらいました。

今回は今回放送される全国編にも登場する岩手県代表の宮守女子高校とちょっと思いついたことについて書こうかなと思います。
まずは宮守の紹介から。
宮守1


















由来となった地名は岩手県遠野市宮守町。
遠野市は岩手県の内陸にある都市で、北上山地の中南部に位置しています。
人口は現在3万人弱。
宮守2













遠野市宮守町はJR釜石線宮守駅がある下宮守をはじめ上宮守・上鱒沢・下鱒沢・達曽部(たっそべ)がある辺り一帯で、この辺りは2005年に遠野市と合併するまで上閉伊(かみへい)郡宮守村という村でした。
全国編1話の冒頭で出てきた宮守川橋梁は宮沢賢治の「銀貨鉄道の夜」のモチーフになったとも言われていて、現在は恋人の聖地としてライトアップなども行われる宮守の名所の1つです。

宮守に関しては二回戦で登場する高校ということでいろんな方が考察で取り上げられていて、特に私的素敵ジャンク様の宮守女子の謎に迫るシリーズはかなり詳細な考察が書かれていますので是非ご覧になられることをオススメいたします。

で、今回自分が気になったのはシロの髪の色と塞さんの苗字について。

まずはシロの髪。
しろ











シロの髪はアニメで色がついてこのような銀色のようなグレー色になっています。
名前の白望については『遠野物語』にも数多く登場する白望(白見)山から(参考出典:私的素敵ジャンク様「小瀬川白望とマヨヒガについて」)名付けられたと思われます。
宮守5












その白望山・・・今の表記では白見山は宮守からずっと東側、遠野市・大槌町・宮古市(旧下閉伊郡川井村の辺り)の3自治体のちょうど分岐点のような所にあります。
宮守4







宮守との位置関係はこんな感じ。
標高は1172.6m。
この白見山とおなじ「しろみ」と読む地名が付いている場所はいくつかあるのですが、その中の1つに宮崎県の地名があってその場所が・・・
しろみ













宮崎県西都市銀鏡(しろみ)。

この銀鏡という場所の近くには宮崎県代表・越野尾高校の由来となった西米良村越野尾があります。
以前越野尾の記事で西米良村と遠野市は友好都市として提携を結んでいると書きました。
そのときは熊倉さんが越野尾と何か関わりがあるのでは?と書いたのですがもしかするとこの銀鏡がシロの髪の色の元としてつながっているのかな・・・?と考えました。

白望山と銀鏡のつながりについては今回この考えの参考にさせていただいた「不思議空間「遠野」 -「遠野物語」をwebせよ!-」様の白望山(白見山)の語源という記事を是非御一読を。

それからもう1つ、塞さんの苗字についてもこの記事を参考にしながら。

この白望山(白見山)の語源という記事の中に書かれている大槌町の製鉄と鬼の伝説。
これは「鬼打ち伝説」という大槌町や大槌川・小鎚川の由来にもなったと言われている伝承のことだと思われます。
(参考出典)
毎日ことば様「「大槌と小鎚」 地名のお話(10)」
(pdf資料)田舎なれども南部の国は 西も東も金の山「4. 古代 蝦夷の鉄 鬼伝説の街 大槌町へ」

咲で鬼というと・・・
sakiいわ












私的素敵ジャンク様の盛岡にある三ツ石神社から臼沢塞と薄墨初美について読み解いてみるやかんむりとかげ様の名古屋のの中に余談として書かれている三ツ石神社の岩がモデルになったこのシーンに代表されるはっちゃん=鬼・塞さん=鬼を退治する側という構図。
塞さんの苗字に大槌町で多く見られる「臼沢」が使われたのはこの大槌町の「鬼打ち伝説」が1つの繋がりとして根底にある・・・のかもしれません。
(臼沢性は全国で102件あるそうですが、そのうち42件が大槌町の方のようです)
宮守6











臼沢という地名は岩手県上閉伊郡大槌町小鎚第20地割の中にある集落だと思われます。
この辺りに臼沢集会所やこの集落で伝承されている臼沢鹿子踊りを伝える臼沢鹿子踊り保存会館などがあります。

今回はここまで。
宮守女子の考察はこれからも色々出てくると思っています。
これ、119局の永水と宮守が行った霧島神鏡の海がもしも宮崎だったら宮守女子と宮崎(越野尾)の関係って何かしらある可能性が高い確率であるんじゃないかなぁ・・・?
次回からはまた関東の代表校の紹介に戻ってる・・・はず。
それでは。

北北海道代表・萌間高校

コミケに行かれた皆様、この灼熱の中お疲れ様でした。
自分も1度も行ってみたいんですが、まだ行ったことがありません。
おそらく冬も行けなさそうかなぁ・・・。

今回は北北海道代表の萌間高校の紹介になります。
萌間4











由来となったのは北海道稚内市宗谷村にある萌間山という標高122m弱の小さな山です。
稚内市は日本最北の市です。
宗谷村は1955年に稚内市に編入されるまで宗谷郡宗谷村として存続した自治体でした。
萌間3












萌間山はこのAの辺りにあります。
国道238号(オホーツク街道)沿いにあります。
この萌間という名前はアイヌ語で小山という意味の「モイマ」から来たものと言われています。
この萌間山、こんもりと盛ったような形をしている山なのですがこれについては伝承のようなものがあります。
昔この辺りに住んでいた人達が萌間山で宝物の盃を持ち寄って酒盛りをしていたところ、あんまりに酒が進みすぎて大層酔っ払ってしまい全員盃を忘れて帰ってしまったがためにこのような形になった・・・とか。
(参考出展:道北の釣りと旅様よりアイヌ民族の伝説と昔話「時前サカズキ伝説」
ちなみにこの近くには
萌間5


















萌間の語源になっているモイマ山もあります。
こちらは萌間山より標高が少し高く232m弱あります。
今回はここまで。
萌間は情報が少なくてうまく説明できませんでしたねぇ・・・
まぁ、こんな場所にありますよっということで(´・ω・)
次回はまとめアンテナ様の8月のアンケート「一番好きな高校の制服決定戦」にちなんで、埼玉代表の越谷女子の紹介をしようと思います。
ちなみに8月の更新は次回と余裕があればもう1回という感じになると思います。
8月末~9月頭は帰省+関西巡りのために更新はお休みになります。ごめんなさい。
それでは。

南北海道代表・有珠山高校と本内成香ちゃん

休みだし高校野球見ながらのんびり記事書くか・・・

その前にアンテナさん覗いてみよう

あっ・・・

という感じで新シリーズの情報を見ました。
ネタバレは基本的にずかずか踏んでいく人なので、しょうがないですね。
それにしても、あの風景はどこなんだろうなぁ・・・。

というわけで、今回は南北海道代表の有珠山高校を紹介しつつ先方の本内成香ちゃんにも少し触れてみたいと思います。

有珠山2











有珠山高校の由来は、その名の通り洞爺湖の南に位置する有珠山から付けられています。
標高は737m。
山頂は有珠郡壮瞥町にあり山体は伊達市や虻田郡洞爺湖町にもまたがっています。
有珠山1












北海道のこの辺りにあります。
有珠山は20世紀だけでも4回の噴火が起きた活火山です。
2000年に起きた噴火はニュースとかリアルタイムで見られた方も多いのではないでしょうか?

その有珠山高校、ついにメンバー全員の名前が判明しました。
とりあえず岩館揺杏さんが気になった人は
FJ310237


























北海道日本ハムファイターズの岩館学選手のユニフォームをファイターズのオフィシャルストアからレプリカのユニフォームとワッペンを買って作ってみてはいかがでしょうか。
最初から岩館選手のネームが入っているレプリカユニフォームは残念ながら売っていませんでした・・・。
そして、メンバーの名前と一緒にキリスト系の学校であることも判明しました。
有珠山高校とキリスト系のミッションスクールについてはさくやこのはな様が本当に詳しく書かれていますので是非ご覧になっていただきたいと思います。
北海道にもキリスト系の高校はいくつかあるのですが、有珠山の近くにはありません。
少し・・・というかかなり範囲を広げて
有珠山5














この赤い〇印の範囲(有珠山の周辺・・・ということで)まで広げると、室蘭市の海星学院高校と余市郡余市町の北星学院余市高校の2校が出てきます。
このどちらかがモデル・・・みたいな感じなのでしょうか。
室蘭や余市まで広げるなら札幌まで広げてもいいのかな?

本内さん








あと、先に名前が判明していた先鋒の本内成香ちゃんについても少し。
名字の「本内」は北海道で見られる名字(全国で76件、うち北海道で28件。参考出展:姓名分布&ランキング様)だそうで、後で判明した4人の名字も北海道でよく見られる名字です。
名前の「成香」は実は北海道にある地名でして
有珠山4













有珠山の北西に虻田郡洞爺湖町成香という地名があります。
読み方もそのまま「なるか」です。
この地区に「成香牧場」というのがあります。
何の牧場かはググっても出てこなかったのでどんな牧場かはわかりませんでした・・・。
この成香にはもう1つレイクヴィラファームという牧場があります。
こちらは馬の牧場で、以前は「メジロ牧場」という競馬ファンの方なら1度は耳にしたことがある歴史ある牧場名でした。
まだ有珠山高校の回想シーンは出てきていないのですが、後に聖地の1つになるかもしれない場所だと思います。
もしかしたら本内成香ちゃんは牧場の子だったりとか。

今回はここまで。
次回は・・・まだ決めてません。
思いついたら何か書いていると思います。
それでは。

うーん、エラーで試合終了というのは可哀想だけどレッツゴー習志野の魔力はすごいなぁ・・・

山形県代表・天童大付属高校

キーボードを買い換えました。
6000円ほどのものですが前のよりかは打ちやすいような気がします。

今回は1回戦ブロック4Bの2校目、山形県代表の天童大付属高校です。
天童1














咲の高校の由来になっている地名はマイナーな地名が多いのですが、山形は珍しく市の名前がそのままついています。(山形含め全部で4校あります)
由来となった地名は山形県天童市。
山形県のほぼ中央部にある人口6万人程の市です。
天童市の特産品の1つである将棋の駒は国産品の95%が天童市で作られたものだそうです。
ちなみに天童市と交流都市として提携している都市の中に茨城県土浦市があります。
天童4






内容としてはこんな感じの協定なのですが、土浦といえば小鍛治健夜プロの母校で10年前のインハイ優勝校、土浦女子高校がある所ですね。


ところでこの天童大付属、名前のとおり大学の附属校なのですが天童市には四年制の大学がありません。
羽陽学園短期大学という短大が1つあるだけです。
そこで昔の学校とかで何かないかな・・・と史跡とかを探してみるとそんな感じのが1つ。
格知学舎というのが天童市上貫津という山の麓の方にありました。
この格知学舎は儒学者で浄土真宗の僧侶でもあった本沢竹雲という方が明治2年(建物は翌年完成)に開いた私塾です。
西洋文化を徹底的に排除し髷を結うことが入門(入学)の条件になっていたことなどから「チョンマゲ学校」と呼ばれていたそうです。
天童3














このAのマークの場所にあります。
この格知学舎は現在はモミジの名所として観光スポットになっています。
このモミジは明治2年の開塾時に京都嵐山のタカオモミジを移植したもので、山形新幹線山形駅の発車メロディになっている民謡「花笠音頭」にある「花の山形モミジの天童」のモミジはこの格知学舎のモミジだという説があるそうです。


地図を航空写真に変えてもう少し拡大してみましょう。
天童5


















格知学舎から奈良沢不動尊側へ歩いていくと雨呼山(あめよばりやま:標高905m)の登山道がいくつかあります。
この雨呼山は日照りが続くとこの山へ出向き山頂直下にある龍神の池に住む龍神様を怒らせて雨乞いをするという風習が昔あったそうで、その風習からこのような山の名前になったそうです。

この雨呼山の中腹に「ジャガラモガラ」と呼ばれる一帯があります。
ジャガラモガラは中腹にある深さ100m程のすり鉢状のくぼ地で、そこには数十センチ程の穴がたくさん空いておりそこから冷たい風が吹くそうです。
この冷風の影響でジャガラモガラの辺りは標高500m程の場所にあるにも関わらず蔵王連峰(標高1800m)よりも平均気温が低く、まわりの山にはないレンゲツツジやベニバナイチヤクソウなどの高山植物が生え育っています。
で、この一帯になぜ「ジャガラモガラ」という名前がついたのか・・・というのは諸説あるそうですが、今のところ一番有力な説が雨乞いの際に出てきた龍神のサンスクリット語の名前である「シャガラ(しゃから・娑伽羅・娑羯羅)龍王」から付けられたという説だそうです。
参考出典:ジャガラモガラのひみつ・他複数サイト様)
おそらく、雨乞いをするために向かった山頂直下の池というのもこのジャガラモガラじゃないかなぁ・・・と思っています。

このシャガラは八部衆と呼ばれる仏教を守護する8神の中の竜族の八王(八大竜王)のうちの1つで「古都奈良の文化財」の一部として世界遺産に登録されている奈良の興福寺にも「乾漆八部衆立像(かんしつはちぶしゅうりゅうぞう)」の一体として沙羯羅像が国宝館に保管・展示されています。
ちなみにシャガラを含む八大竜王を雨乞いの神様として祀っている社寺がいくつかあって、その中の一つに吉野郡天川村にある龍泉寺があります。
りゅうせんじ














阿知賀女子のある吉野駅周辺との位置関係はこんな感じ。
この龍泉寺へ行くには下市口駅から奈良交通バス洞川(どろかわ)温泉行きに乗って終点まで1時間半揺られたあとそこから徒歩5分ほどだそうです。
龍泉寺には水行場があって洞川から登る修験者は宗派を問わず龍泉寺に詣で、水行の後、八大龍王尊に道中安全を祈ってから山上ヶ岳に向かうしきたりとなっているそうです。
(参考:天川村役場・観光データベース

最後は天童から吉野に行ってしまいましたが今回はここまで。
記事を書いてるあいだに3月になってしまいました。
次回は4Bの3校目ということで北神奈川代表・東白楽高校の予定です。
それでは。
記事検索
  • ライブドアブログ