何の変哲もない咲の地名紹介

動画を作ったもののブログ版です。さらにわかりづらくなるかも。最近は地名紹介以外の小ネタも多くなってます。文章がgdgdなのは仕様です。当面は不定期更新です。

関東

小鍛治さんが通っていた小学校 茨城・舟塚山小学校

まずは、先の熊本で起きた地震で亡くなられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々に対し心よりお見舞い申し上げます。
咲においても熊本代表の郡浦高校がある宇城市で大きな被害が出ているので、自分も出来ることは限られますが毎月少しずつでも募金をしようかと思います。

咲・シノハユ・咲日和の新刊は発売日直後に購入しましたが実はまだ買ったままの状態です・・・。
次の記事を書くまでには少し落ち着くはずなので早く読めたらいいなと(;´Д`)
それから、千里山のスピンオフが始まるみたいでこちらも楽しみにしています。

 
今回からシノハユを中心とした過去の方の地名を少しずつやっていこうということで、今回は小鍛治さんの小学校を見ていこうと思います。
舟塚山1

















由来となっているのは茨城県石岡市にある前方後円墳「舟塚山古墳」。
場所はふくやかにすこやかにのシーンで出た場所の駅の反対側にあります。
規模としては茨城県で最大、関東でも太田天神山古墳に次いで2番目の大きさだとか。
ふくやかにすこやかにの巡礼の際に訪れやすい場所にあります。
この舟塚山古墳の成り立ちを色々見てみると小鍛治さんの背景っぽいものがいくつかあったのでちょっと走り書き程度に書いてみます。

舟塚山古墳に埋葬されていると言われているのが初代の茨城国造の筑紫刀禰という人物。
この茨城国造が統治していたのが石岡市・笠間市を中心に水戸市や土浦市・つくば市の一部とだったとか。
すこやん3











石岡・土浦・つくばといえば小鍛治さんが生まれ育った地・高校の地・現在プロとして活動している地に該当します。
また、この筑紫刀禰の祖先と言われているのが天津彦根命(アマツヒコネ)。
アマツヒコネは天照大神がスサノオとの誓約の際に勾玉から生まれた男柱5柱の1柱だそうで、この5柱の中には出雲国造の始祖と言われている建比良鳥命の親とされているアメノミホもいます。

筑紫刀禰の親と言われている建許呂命もアマツヒコネの子とされていて、この建許呂命が初代の石城(いわき)国造と言われています。
以前土浦女子と小鍛治さんの記事で小鍛治姓は福島に多いということを書きましたが、もしかするとこの流れを組んでいるのかなぁと少し考えたり。
また、この筑紫刀禰は福岡から呼ばれてこの辺りに来た説(と筑波山の別名「紫峰」に由来がある説の2つ)があって実業団時代に博多にいた赤土さんも引き合う何かがあった・・・のかも?
(筑紫刀禰に関しては古代史探求感様茨城のルーツ様にかなり詳しく書かれているので読んでいただけたら・・・)
舟塚山古墳の訪問記も一萬人の麓路() 様が訪問されておられますのでこちらも。
こうして舟塚山を調べていると、小鍛治さんが何か磁石のように色んな人物を引き込んでいく存在のように見えてきます(たぶん自分の中だけ)。


久しぶりにこうした地名紹介の記事を書いたのでなかなか感覚がつかめていませんが今後もこんな感じでgdgdと書いてみます。
次はたぶん早くて6月以降になるかな、と思います。
それでは。

南神奈川代表・栢山学院高校

昨日立さんのブログと同時に登場人物の一覧も更新されていて、誰が部長なのかがわかるようになったのですが・・・
sakiたまご







越谷の部長って王子だったのか・・・。
てっきり新井さんだと思ってました。 

今回は3話で出てきた高校の続き、南神奈川代表の栢山学院高校です。
栢山4











栢山学院は2回戦で白糸台・新道寺・苅安賀と対戦していた高校です。
3話だと小さくしか映っていないのですが、阿知賀編ではもう少し大きく映っていました。

栢山2













由来となった地名は神奈川県小田原市栢山(かやま)。 
小田原市は神奈川県西部の都市で国から特例市として指定されています。
現在の人口は約20万人弱。
栢山1













栢山は足柄平野を流れる酒匂(さかわ)川沿いにあります。 
この辺りには県立小田原城北高校があり、女子生徒の制服が森英恵さんのデザインだそうです。
上の2回戦の画像、おそらく黒い制服のほうが栢山学院ではないかなぁ・・・と思っていますがどうなんでしょうか?
この栢山は薪を背負って本を読む幼少期の銅像で有名な二宮尊徳(二宮金次郎)が生まれ育った場所です。
唱歌の題材にもなった二宮尊徳 ですが大人になってからは小田原藩や下野国桜町領の財政を立て直した農政家として活躍しました。
その尊徳の考えをまとめて説いたものを「報徳思想」というのですが、この報徳思想を教えの礎として作られた学校に野球等で有名な兵庫県の報徳学園高校があります。

また、二宮尊徳をはじめとする二宮家のお墓がある善栄寺(このお寺も栢山にあります)には巴御前と木曽義仲のお墓もあります。
巴御前は義仲に仕えていた女性とされていて、義仲の初対面時に馬もろとも投げ飛ばしたとか左右から挟み撃ちで襲ってきた敵の武者を脇で締めて頭をもげ落としたとか義仲に諭されて落ち延びる前にそこに襲いかかってきた武将を馬から引きずり下ろして首をねじ切ったとかいろんな武勇伝がある女性です。
その後は何らかの理由で鎌倉に連れられた後に出家し91歳まで生きたと書かれていますが、 「平家物語」と「源平盛衰記」にしか登場しないことから架空の人物ではないかとも言われています。

もし登場していれば、学校的には有珠山高校に似た感じになる・・・かもしれません。
思想とか教えとかいうものが背景にあって、1人絶対的なエースがいるような形でしょうかねぇ。

今回はここまで。
最近IEから更新がうまくいかなくなってるので今回からChromeで更新していますが、元々見辛いのがさらに見辛くなっていなければいいなぁ。
以前からやらなきゃと思ったまま放ったらかしにしていた咲の1県2校出ている所の分け方についてですが、日刊・咲-Saki-様が記事にされていますので是非こちらもご覧になって頂ければと思います。
それでは。 

茨城県代表・大甕商業高校

全国編の新キャスト、今週は姫松のようです。

今回は茨城県代表・大甕商業高校の紹介になります。
大みか1













由来となった地名は茨城県日立市大みか町。
日立市は県の北東部にある都市で日立製作所創業の地として知られているそうです。
(日立市になる前の旧日立町が創業の地だそうです。)
日立市出身の著名な人物には国民栄誉賞を受賞した作曲家の吉田正さんや三味線奏者の上妻宏光さん、95年に「KNOCKIN' ON YOUR DOOR」がヒットしたL⇔Rの黒沢兄弟、スポーツでは2002年のW杯で活躍した元鹿島・現水戸の鈴木隆行選手、蔵前国技館最後の場所で優勝した元関脇多賀竜の鏡山親方や元幕内で相撲甚句の上手さから引退後は歌手になった大至伸行さんなどがおられます。
大みか町2












大みか町はこの辺り。
町名は大みかですが駅名は大甕。
これは大甕の「甕」が常用漢字では無いためこうなったらしいです。
モデルの高校はおそらくこの駅が最寄駅になる日立商業高校ではないかと思われます。
大甕という地名の由来は諸説あるのですが、主に大甕倭文(しず)神社(大甕神社とも)の「甕星香々背男(みかぼしのかがせお)」という悪神がこの地に居を構えていたことからという説と、この説を否定し「酒を入れた器で、神事に使われる大甕を神と人の住む境界として埋められていたことから」という説などがあります。

大甕、というよりは日立市の話ですが・・・。
日立市には1915年の稼働から1993年の倒壊まで日立鉱山に存在した約156mの大煙突がありました。
この大煙突ができるまでの実話をもとにした小説が書かれています。
タイトルは「ある町の高い煙突」
この小説を書かれたのは「孤高の人」「八甲田山死の彷徨」「劔岳 点の記」などで知られる新田次郎さん。
この新田次郎さんの出身高校が、清澄高校のモデルではないかという説もある県立諏訪清陵高校(当時は旧制諏訪中学校)。

ただし、清澄高校に関しては舞台が分散されていて特定の場所というのがない可能性もあるのでこの繋がりはかなり微妙なのですがねぇ・・・。

他には日立市に風神山という240m程の山があるので風神(ヴァントール)と呼ばれている臨海女子の雀明華とつなげてみるのも有りかと・・・。
雀明華といえば
みょんふぁ






1期の最終話のEDでのこの歌っている姿。
日立市の著名な方は音楽関係の方も多いですし、大甕駅の発車メロディは吉田正さんが作曲して大ヒットした曲が使われていますし。
(上りがいつでも夢を、下りが恋のメキシカン・ロック
雀明華さんも気に入る土地だと思います(違

今回はここまで。
新キャスト動画作ったりしてるので、次回は少し遅くなるかもしれません。
ごめんなさい、それでは。
新キャスト楽しみだなぁ・・・(*´ω`*)

茨城・土浦女子高校と小鍛治さん周辺

近々2回戦メンバーのキャストが発表されるそうですね。

今回から関東穴埋め編なのですが、最初から代表校ではなくてごめんなさい。
今回は小鍛治健夜プロの母校、土浦女子高校の紹介とかその周辺とかになります。
土浦2

















由来となった地名は茨城県土浦市。
人口14万人で茨城県南の中心都市という扱いのようです。
上野発の常磐線で取手以北へ行く電車の多くはこの土浦が終点になる電車が多い印象です。
土浦市には女子高はありません。
ただ、小鍛治さんの制服からモデルになった高校は判明しました。
すこやん2









まずは全体像。
紺ハイソのすこやんに、ミドルカットのスニーカーのこーこちゃん。
袖には一本輪があります。
すこやん











色はこんな感じ。
丸襟にグレーのリボン。
いつ見てもおどろおどろしい色使いの背景。
土浦日大







で、おそらくモデルとなったのがこの制服。
丸襟、グレーのリボン、袖の一本輪。
越谷女子における越谷南高校の制服のように似てるのではなく、完全に一致。
これ、土浦日大高校で以前まで着用されていた制服だそうです。
現在は元々土浦日大の分校として建てられ、のちに独立校になった岩瀬日大高校の夏服として使われているようです。
というわけで、土浦女子のモデルはおそらく土浦日大ではないかなぁ・・・と思われます。
土浦日大にはスポーツクラスコースがあるからか、著名な卒業生にはスポーツ選手が多く、レスリングの小林孝至さん(ソウル五輪金メダリスト、その後空港でメダルを紛失する騒動の人)や柔道の塚田真希さん、プロレスの本田多聞選手などがおられます。
スポーツ絡み以外だと宮内タカユキさんや大月俊倫さんも土浦日大の卒業生です。

すこやん3











話は変わって今度は小鍛治さんについて少し。
プロ入り当初の恵比寿以外は高校も現在在籍のチームも茨城県南。
おまけに現在住んでいる実家も石岡市(詳しくはUSO9000様のブログへ)。
土浦1














3市の位置関係はこんな感じ。
高校に関しては電車で1本で通学できます。
所属しているチームがあるつくばも土浦駅からバスで行ける距離。
これだけ行動範囲が狭いと恵比寿時代はどんな生活してたんでしょうかね・・・?
全く関係ない話ですが、チーム名のプリージングチキンズで検索したところMan Pleasing Chickenという鶏肉の料理が出てきました。おいしそう。
pleasingが「喜びを与える」という意味だそうで、今の地元で暮らしながら麻雀と関わっている小鍛治さんの今を表していたりするのかなぁ・・・とも思ったり。

ただ、小鍛治という苗字と茨城の関連はかなり薄いんですよね・・・。
北陸や福島で多い(と言っても全国で140件ほどなのでおおよそ20件前後)苗字で、茨城には4件しかいないそうです。
ちなみ鹿児島テレビに少し字が違いますが小鍜治宏将さんというアナウンサーがいるのですが、この方も福島県出身。
で、なんで茨城なのかなぁ・・・と考えたのですが、以前大人組の名字を調べてみたという記事で小鍛治姓の由来として小鍛治宗近(三条宗近)が由来になっていると書きました。
この宗近の代表作で天下五剣の1つである国宝「三日月宗近」が戦後まで徳川家が所有していたのが理由かな・・・と。根拠としてはかなり弱いですが。
あと実家のある石岡市は常陸国の国府が置かれていた場所で、これも一理あるのかな・・・とも。
武蔵国の国府があった府中市には白糸台高校、そして現在の高校生の頂点・宮永照がいますしシノハユの舞台になっている松江市も出雲国の国府がありました。
他にも永水女子がある霧島市(大隅国・霧島神宮駅の隣にある国分駅の辺りにあったそうです)や霜崎さんがいる須和田高校の市川市(下総国・須和田の近くに国分寺跡があるようです)なども国府があった場所とされています。
その流れの中で茨城に・・・うーん、無理やりw
この辺りはもっと詳しく考察される方に任せたほうがよさげですね(´・ω・)

というわけで今回はここまで。
このブログ始めてあと1ヶ月で1年になるみたいです。
更新頻度が多くないので、おそらく関東の穴埋めの途中で年を越すと思いますが、これからもよろしくお願いいたします。
それでは。

埼玉県代表・越谷女子高校

この間、久しぶりに図書館に行ってきました。
夏休みだからか、人が多かったです。

こしがや














今回は埼玉県代表の越谷女子の紹介になります。
八木原さんって頭に何か差してなければかなり可愛いのでは・・・?と最近思っています。
越谷1












咲では数少ない市の名前がそのまま学校名として使われている高校です。
由来となった越谷市は埼玉県の南東部にあります。
人口は33万人で国民健康保険の発祥の地と言われています。

越谷女子の制服は少し特徴的な形をしていますが、これにちょっと似た制服の高校が越谷にあります。
越谷制服











以前作った動画で「モデル校ってどこなんだろう」と越谷の高校を見ていたら越谷南高校の夏服と少し形が似ている・・・ように見えます。
ボタンの有無とネクタイみたいな部分がもう少し長ければ・・・という感じでしょうか。
ちなみにこの制服、森英恵さんがデザインされたそうです。
越谷南高校はバドミントンの強豪校として有名だそうで、国体で準優勝をしたり実業団でも活躍している選手を出したりしています。
学科は普通科の他に外国語科があるそうで、こう見ると新井さんが越谷女子にいるのも「なるほどなー」と。

余談ですが越谷女子の面々の苗字と埼玉との関連って何かあるかなと思って少し調べてみました。
新井・・・川口市に荒井宿という地域があり、埼玉高速鉄道の新井宿駅があります。
浅見・・・飯能市に浅見茶屋という手打ちうどんのお店があります。なかなか評判のお店だそうです。
水村・・・政治家しかでてきませんでした・・・。
宇津木・・・シドニー・アテネ五輪の女子ソフトボール代表の監督だった宇津木妙子さんが現在の比企郡川島町の生まれだそうです。
八木原・・・秩父郡横瀬町に八木原農園といういちご狩りができるところがあるようです。

今回はここまでということで。
来週もう一回更新出来そうなので、何かしら更新していると思います。
それでは。
記事検索
  • ライブドアブログ