何の変哲もない咲の地名紹介

動画を作ったもののブログ版です。さらにわかりづらくなるかも。最近は地名紹介以外の小ネタも多くなってます。文章がgdgdなのは仕様です。当面は不定期更新です。

地名紹介

西愛知代表・苅安賀高校

花粉症が治まったかなぁと思ったら風邪が引き金かまた鼻がズルズルと・・・

今回は西愛知代表の苅安賀高校です。
栢山4











2回戦で新道寺・白糸台・栢山学院と対戦していた高校です。 
池田ァが「なかなかだし!」とも言っていましたね。
おそらくこの塞さんみたいなおだんご頭の子が苅安賀だと思われます。 
苅安賀2













由来となった地名は愛知県一宮市苅安賀。
池田ァがかりやす「が」と言っていましたが実際の地名はかりやす「か」です。
あとで久保コーチにしっかり指導してもらいましょう。 
一宮市は愛知県の北西部にある都市で木曽川を挟んで岐阜県と隣接しています 。
2006年までは同じ愛知県内に一宮町(現在は豊川市に編入)があったため区別するために尾張一宮とも呼ばれています。
(一宮町の方は三河一宮)
苅安賀1












苅安賀はおおよそこの辺り。 
名鉄尾西線の苅安賀駅もこの中に入ります。

この苅安賀駅の近くに苅安賀自動車学校という教習所があるのですが、ここの片隅に苅安賀城址の石碑があります。
戦国時代~安土桃山時代、この辺りに 苅安賀城があったそうです。
1561年に浅井長貞が築城した苅安賀城は長貞の死後、息子の浅井長時(田宮丸)が後を継いだのですが織田信雄家臣でありながら羽柴秀吉に内通したとされ信雄に呼び出された上討ち殺されてしまいます。
このあと信雄は徳川家康と同盟を結び、小牧・長久手の戦いへと発展していきます。
この小牧・長久手の戦いでは信雄・家康軍の居城として尾張西部方面で重要な役割を果たしたようです。
また1590年の小田原討伐の際には秀吉の命で小早川隆景をこの苅安賀城などに置いて尾張地方の守備や後方の補給路確保などを任せたそうで、小田原市にある栢山学院と苅安賀にはちょっとした繋がりがあったようです。
(参考出展)
wikipedia・苅安賀城小牧・長久手の戦い

今回はここまで。
次回は3話でも出てきましたし、お隣ですし、岐阜へ行きましょうか。
その予定でこれから考えます。
それでは。 

リツハユの舞台がなぜ氷ノ山だったのかぼんやり考えてみる

夕方まで寝てると1日損した気分になるのってなんだろうねあれ。
(16時半くらいまで寝てました・・・)

りつはゆ
 

































今回は先日発売されたYGに掲載されていたリツハユの舞台がなぜ氷ノ山だったのかについてぼんやり考えて色々こじつけてみたいと思います。
 
前回の立-Ritz-阿知賀編では咲-Saki-阿知賀編の舞台となった吉野にいたのですが、今回はシノハユの舞台である島根ではなく兵庫と鳥取の県境にある氷ノ山が舞台です。
氷ノ山1












氷ノ山は兵庫県養父(やぶ)市と鳥取県八頭郡若桜町との県境にある山で標高は約1510mで兵庫県の山としては最高峰の山です。
 
1.あぐりさんの在住地
あぐりさんのwikiなどにも書かれていますが、あぐりさんが兵庫県在住というのが今回のネタの大前提としてあります。

2. 氷ノ山後山那岐山国定公園
この氷ノ山ですが、ちょこちょこと咲の登場人物とリンクしていてその1つがこの氷ノ山後山那岐山国定公園
兵庫・鳥取・岡山の三県にまたがる山岳地帯の国定公園で多くの山がこの国定公園の中に入っています。
この中に入っている那岐山は讃甘高校・新免那岐さんの名前の由来にもなっている山です。
氷ノ山2












ちなみに位置関係はこんな感じ。 

3.氷ノ山の別名
氷ノ山にはもう一つ呼び名があって「須賀ノ山」という名前があります。
 sakiきょうたろー







「須賀」と言えば京太郎くんですね。
ただ、この須賀ノ山は京太郎くんつながりだけでは無かったのです。
氷ノ山と須賀ノ山は同じ山ですが名前の由来がそれぞれ異なっているようで神戸新聞様の「2つの名に異なる伝説 氷ノ山は須賀ノ山?」という2006年の記事に詳しく書かれていたのでこちらを参考に書いていきたいと思います。
須賀ノ山の由来にはヤマタノオロチの伝説が関わっていて、太古の昔にこの山にヤマタノオロチが住み着いたのですがスサノオノミコトがこれを退治、生贄にされそうになっていたクシナダヒメと夫婦になりました。
 スサノオノミコトとクシナダヒメが夫婦となった際に住居を構えた場所が島根にある須賀里という場所。
後にクシナダヒメは安産の神様となり奈良時代にクシナダヒメを祀った須賀峰権現社が氷ノ山の山頂に建てられてこれが須賀ノ山の由来になるのですが、リツハユ的に重要になるのは太字で書いた一文。
氷ノ山3 

















 






この島根の須賀里は現在の島根県雲南市大東町須賀だそうで、住居を構えたとされる場所には須賀神社(須我神社)が建てられています。
(参照:神話スポットガイド様しまね観光ナビ様
この雲南市大東町須賀はシノハユの現在の舞台となっている玉造温泉から直線距離で近いところにあります。(ただしバスは松江駅や乃木駅からしか出ていないようですが・・・)
また、慕ちゃんの苗字である白築は白築さんという苗字という以前の記事のコメント欄でjyushisirinさんという方が詳しく書いておられる通り雲南市でよく見られる苗字でもあります。
この須賀ノ山と雲南市の繋がりが今回のリツハユの舞台が氷ノ山だった理由・・・だったのかもしれませんし単なる偶然かもしれません。
 薄い繋がりかもしれませんが、こういうのもあるよ~ということで。

というわけで今回はここまで。
それでは。 

南神奈川代表・栢山学院高校

昨日立さんのブログと同時に登場人物の一覧も更新されていて、誰が部長なのかがわかるようになったのですが・・・
sakiたまご







越谷の部長って王子だったのか・・・。
てっきり新井さんだと思ってました。 

今回は3話で出てきた高校の続き、南神奈川代表の栢山学院高校です。
栢山4











栢山学院は2回戦で白糸台・新道寺・苅安賀と対戦していた高校です。
3話だと小さくしか映っていないのですが、阿知賀編ではもう少し大きく映っていました。

栢山2













由来となった地名は神奈川県小田原市栢山(かやま)。 
小田原市は神奈川県西部の都市で国から特例市として指定されています。
現在の人口は約20万人弱。
栢山1













栢山は足柄平野を流れる酒匂(さかわ)川沿いにあります。 
この辺りには県立小田原城北高校があり、女子生徒の制服が森英恵さんのデザインだそうです。
上の2回戦の画像、おそらく黒い制服のほうが栢山学院ではないかなぁ・・・と思っていますがどうなんでしょうか?
この栢山は薪を背負って本を読む幼少期の銅像で有名な二宮尊徳(二宮金次郎)が生まれ育った場所です。
唱歌の題材にもなった二宮尊徳 ですが大人になってからは小田原藩や下野国桜町領の財政を立て直した農政家として活躍しました。
その尊徳の考えをまとめて説いたものを「報徳思想」というのですが、この報徳思想を教えの礎として作られた学校に野球等で有名な兵庫県の報徳学園高校があります。

また、二宮尊徳をはじめとする二宮家のお墓がある善栄寺(このお寺も栢山にあります)には巴御前と木曽義仲のお墓もあります。
巴御前は義仲に仕えていた女性とされていて、義仲の初対面時に馬もろとも投げ飛ばしたとか左右から挟み撃ちで襲ってきた敵の武者を脇で締めて頭をもげ落としたとか義仲に諭されて落ち延びる前にそこに襲いかかってきた武将を馬から引きずり下ろして首をねじ切ったとかいろんな武勇伝がある女性です。
その後は何らかの理由で鎌倉に連れられた後に出家し91歳まで生きたと書かれていますが、 「平家物語」と「源平盛衰記」にしか登場しないことから架空の人物ではないかとも言われています。

もし登場していれば、学校的には有珠山高校に似た感じになる・・・かもしれません。
思想とか教えとかいうものが背景にあって、1人絶対的なエースがいるような形でしょうかねぇ。

今回はここまで。
最近IEから更新がうまくいかなくなってるので今回からChromeで更新していますが、元々見辛いのがさらに見辛くなっていなければいいなぁ。
以前からやらなきゃと思ったまま放ったらかしにしていた咲の1県2校出ている所の分け方についてですが、日刊・咲-Saki-様が記事にされていますので是非こちらもご覧になって頂ければと思います。
それでは。 

福井県代表・甲ケ崎商業高校

この間の大雪には参りました・・・。
線路が見えなくなるくらい積もるとか初めて見ました。

アニメはこの間6話が放映されていますが、今回から3話の1回戦で出ていた・居たはずなんだけど名前も姿も無かった高校の紹介をしようかと思います。
今回は早速、その居たはずなんだけど全く出てこなかった高校ですが・・・福井県代表の甲ケ崎商業の紹介です。
甲ケ崎3




甲ケ崎商業は清澄1回戦の対戦相手の3校のうちの1校。
中堅で部長に飛ばされて敗退決定してしまった高校です。あの試合、どこが飛ばされたんでしょうね・・・。
佐賀県代表の能古見と鳥取県代表の千代水は既に記事にしていますので一緒に見ていただけると嬉しいです。
甲ヶ崎1












由来となった地名は福井県小浜市甲ケ崎(こがさき)。
江戸時代の頃はは甲ケ崎村という村で漁業以外に製塩の盛んな場所でもあったそうです。
小浜市は福井県の南西部、いわゆる嶺南地域にある都市で人口は約3万人ほど。
若狭国の中心部として栄え御食国(みけつくに)の1つとし海産物を京や大和に送っていたこともあり畿内との繋がりが深い地域です。

甲ヶ崎2














甲ケ崎はこの辺り。
小浜駅から国道162号線を北上したところにあります。
この甲ケ崎は小浜湾の主要漁港である小浜漁港と呼ばれる漁港の1つがある場所で釣りのスポットとしても人気の場所だそうです。
また、奈良に都があった頃には南蛮船が奈良などへ向かう際の玄関口として、江戸時代には北前船の停泊地だったとも言われています。
初めて象が日本に連れてこられた際に上陸したのがここ甲ケ崎とも言われていて、その象を繋いだとされる「ゾウつなぎ岩」というのもあるそうです。
(参考出典:若狭湾観光連盟「甲ケ崎」小浜市「沖の石・象つなぎ岩」

甲ケ崎4



















甲ケ崎の南東部には天ヶ城という若狭武田氏の守護代であった内藤氏が築き上げた山城跡がある山もあり、甲ケ崎からも登山ルートがあるようです。
(参考出典:越前・若狭の城と考古学様「天ヶ城(てんがじょう)は中世山城のお手本です」)
この天ヶ城は立地や地形から若狭国の要害として活躍したお城だったみたいです。

今回はここまで。
能古見や千代水より発見が少なかったような・・・。
あと今月来月はちょっと更新頻度が少なくなるかも。
アニメもあるのでなるべくいろいろ更新していこうとは思いますが・・・。
それでは。

岩手県代表・宮守女子高校と小瀬川さんの髪の色とか塞さんの苗字とか

ゲーマーズで咲ミュージアムが開かれるそうです。
自分も1度は期間中に訪れる予定です。
あとニコ生の咲なま姫松編見てました(風呂入ってて途中からの視聴でしたが)。
松田さんの13面待ちでゲラッゲラ笑わせてもらいました。

今回は今回放送される全国編にも登場する岩手県代表の宮守女子高校とちょっと思いついたことについて書こうかなと思います。
まずは宮守の紹介から。
宮守1


















由来となった地名は岩手県遠野市宮守町。
遠野市は岩手県の内陸にある都市で、北上山地の中南部に位置しています。
人口は現在3万人弱。
宮守2













遠野市宮守町はJR釜石線宮守駅がある下宮守をはじめ上宮守・上鱒沢・下鱒沢・達曽部(たっそべ)がある辺り一帯で、この辺りは2005年に遠野市と合併するまで上閉伊(かみへい)郡宮守村という村でした。
全国編1話の冒頭で出てきた宮守川橋梁は宮沢賢治の「銀貨鉄道の夜」のモチーフになったとも言われていて、現在は恋人の聖地としてライトアップなども行われる宮守の名所の1つです。

宮守に関しては二回戦で登場する高校ということでいろんな方が考察で取り上げられていて、特に私的素敵ジャンク様の宮守女子の謎に迫るシリーズはかなり詳細な考察が書かれていますので是非ご覧になられることをオススメいたします。

で、今回自分が気になったのはシロの髪の色と塞さんの苗字について。

まずはシロの髪。
しろ











シロの髪はアニメで色がついてこのような銀色のようなグレー色になっています。
名前の白望については『遠野物語』にも数多く登場する白望(白見)山から(参考出典:私的素敵ジャンク様「小瀬川白望とマヨヒガについて」)名付けられたと思われます。
宮守5












その白望山・・・今の表記では白見山は宮守からずっと東側、遠野市・大槌町・宮古市(旧下閉伊郡川井村の辺り)の3自治体のちょうど分岐点のような所にあります。
宮守4







宮守との位置関係はこんな感じ。
標高は1172.6m。
この白見山とおなじ「しろみ」と読む地名が付いている場所はいくつかあるのですが、その中の1つに宮崎県の地名があってその場所が・・・
しろみ













宮崎県西都市銀鏡(しろみ)。

この銀鏡という場所の近くには宮崎県代表・越野尾高校の由来となった西米良村越野尾があります。
以前越野尾の記事で西米良村と遠野市は友好都市として提携を結んでいると書きました。
そのときは熊倉さんが越野尾と何か関わりがあるのでは?と書いたのですがもしかするとこの銀鏡がシロの髪の色の元としてつながっているのかな・・・?と考えました。

白望山と銀鏡のつながりについては今回この考えの参考にさせていただいた「不思議空間「遠野」 -「遠野物語」をwebせよ!-」様の白望山(白見山)の語源という記事を是非御一読を。

それからもう1つ、塞さんの苗字についてもこの記事を参考にしながら。

この白望山(白見山)の語源という記事の中に書かれている大槌町の製鉄と鬼の伝説。
これは「鬼打ち伝説」という大槌町や大槌川・小鎚川の由来にもなったと言われている伝承のことだと思われます。
(参考出典)
毎日ことば様「「大槌と小鎚」 地名のお話(10)」
(pdf資料)田舎なれども南部の国は 西も東も金の山「4. 古代 蝦夷の鉄 鬼伝説の街 大槌町へ」

咲で鬼というと・・・
sakiいわ












私的素敵ジャンク様の盛岡にある三ツ石神社から臼沢塞と薄墨初美について読み解いてみるやかんむりとかげ様の名古屋のの中に余談として書かれている三ツ石神社の岩がモデルになったこのシーンに代表されるはっちゃん=鬼・塞さん=鬼を退治する側という構図。
塞さんの苗字に大槌町で多く見られる「臼沢」が使われたのはこの大槌町の「鬼打ち伝説」が1つの繋がりとして根底にある・・・のかもしれません。
(臼沢性は全国で102件あるそうですが、そのうち42件が大槌町の方のようです)
宮守6











臼沢という地名は岩手県上閉伊郡大槌町小鎚第20地割の中にある集落だと思われます。
この辺りに臼沢集会所やこの集落で伝承されている臼沢鹿子踊りを伝える臼沢鹿子踊り保存会館などがあります。

今回はここまで。
宮守女子の考察はこれからも色々出てくると思っています。
これ、119局の永水と宮守が行った霧島神鏡の海がもしも宮崎だったら宮守女子と宮崎(越野尾)の関係って何かしらある可能性が高い確率であるんじゃないかなぁ・・・?
次回からはまた関東の代表校の紹介に戻ってる・・・はず。
それでは。
記事検索
  • ライブドアブログ