130829_0931~01_R130829_1325~01_R













7年後、どうなってんのかなぁ。色々と。
ちなみに全国大会の会場である東京国際フォーラムもオリンピックの競技会場として使用されるそうです。
(確かウェイトリフティングだったかな・・・?)
今回は近畿巡りの2回目、吉野編です。
今回も画像多めです。
吉野編はあちこち巡ってきたので2回に分けて書こうと思います。
FJ310271_R













枕が合わなかったのか前日半徹状態だったのに4時間ほどで目が覚めて朝6時前に起床。
そのまま支度して大阪阿倍野橋駅に行き8時すぎの特急で吉野へ向かいました。
行きはこのさくらライナーという新しい特急に運良く乗れました。
130829_0826~01_R













道中はまったりとこんな感じで外をぼんやり眺めたりWiMAXのルーターを持ってきていたのでタブレットいじったりしてました。
ちなみにWiMAXは吉野では全く使えませんのでご注意を。
(確か吉野口駅の辺りから使えなかった記憶が)
その吉野口を過ぎた辺りでどうも睡魔に負けてしまい、車掌さんに「終点ですよー」と吉野で起こされるまで寝てしまう始末。
「着いたー!」なんて感慨もなく頭ぼんやり・眠い目をこすりながら改札を出ていました(;´Д`)

130829_0940~01_R













そのままロープウェイに乗車。
寝てたのが良かったのかケーブルカー独占状態だったのですが・・・これ、かなり揺れます。
正直言って怖かったです。
レジェンドみたいに立ってドアにもたれてなんて、とてもじゃないけど無理です。
130829_1001~01_R













ケーブルカーを降りてブラブラと登っていきます。
この日は本当に天気が良くて暑さもそれほどではなかったのですが、やっぱり歩いてると汗はかきました。
夏はオフシーズンなので人はそんなに多くないのですが意外と交通量が多いので行かれた際には車の往来に気をつけてください。
130829_1002~01_R130829_1302~01_R













1話の冒頭で和が出てきたところです。
この階段を下りた辺りに花蔵(かぐら)さんというカフェがあるので行ってみたのですが、残念ながらこの日はお休みでした。
右の写真は和目線?の写真です。
130829_1301~02_R













この階段は結構長く続いています。
降りていこうかなとも考えたのですが今回はパス。
吉野に住んでいた頃の和はこの階段を毎日昇り降りしていたのでしょう。
結構体力つきそうです。
130829_1002~02_R130829_1004~01_R













左の写真が松実館ことさこやさん
もう少し全体の写真が撮れればよかったなぁ・・・。
いつかは宿泊してみたいですね。
右はED(SquarePanicSerenade)の最後のシーンっぽく。
でも、確認したらもっと金峯山寺寄りでしたね・・・失敗。
130829_1010~01_R130829_1014~01_R













その金峯山寺の仁王門と蔵王堂です。
・・・これ、1度生で見てください。
迫力というかなんというか、「すげぇ・・・」としか言葉が出なかったです。
このあと寄り道をしたのですが、この寄り道で体力をガッツリ消耗しました・・・。
130829_1153~01_R130829_1155~01_R













その寄り道を終えてヘトヘトになりながらも再び坂を登って吉水神社へ。
左の鳥居を潜った先の坂を下って登ったところが右の門です。
130829_1157~01 (1)_R













境内に入ってすぐの所にある一目千本から見た景色です。
思わず深呼吸したくなる景色でした。
本当、晴れた日に来られてよかったな・・・と。
この日だけで5・6回くらい景色を見ながら深呼吸してました。
ハウエバー











大きく手を広げてこんなふうに・・・w
深呼吸をした後はさらに中に入ってお参りをして宮司さんから絵馬とお守りを購入して絵馬を奉納しました。
宮司さん、とてもいい人で絵馬を書く際に「使われますか?」と言ってペン3つ貸していただけました。
自分は絵は書けないので1本だけしか使用しなかったのですがなんかホッコリしました。
心残りはちょうどお昼時だったので「どうぞー」って差し出してくださった後そのまま宮司さんが中に入られたので、書き終わったあとに直接「ありがとうございました」と言えなかったこと。
この場をお借りして、本当にありがとうございました。
絵馬は蜂を避けながら書きました。
(この日は蜂っぽいのがたくさん飛んでました・・・あとトンボも)
避けながら書いて避けながら奉納したので写真撮り忘れました。
奉納する際に他の方が奉納された絵馬を少し見ていたのですが、その中にオダワラハコネさんの絵馬があって「おぉー」っと1人でテンション上がってましたw
130829_1151~01_R130829_1228~01_R













吉水神社をあとにして昼飯を探しながら下りる途中で見つけた韋駄天山とその景色。

韋駄天は仏法を守る護法神で、帝釈天に納める仏舎利を捷疾鬼に奪われた時、足の早い韋駄天が追いかけて、取り返して来たことから、足の速い人を韋駄天とたとえたり、速く走る様を「韋駄天走り」と云う様になりました。
(韋駄天山の掲示板より)
この掲示板を読んでるうちに「この山って穏乃の山っぽいなぁ」とか思って登ってみました。
ここもいい景色でした。
130829_1306~01_R













韋駄天山を下りた後は昼飯(吉野葛を練りこんだ冷やしうどん、爽やかなのどごしでおいしかったです)を食べて幼あらたそが隠れていた看板があるお土産屋さんでお土産を購入して14時過ぎの特急に乗って宿に戻りました。
スタンプラリーはヘトヘトになって大和上市で下車する体力が無くなっていたので聴牌コースのスタンプを押した台紙をそのまま持って帰ってきました(´・ω・)
なんもかんも寄り道のせい。
次回はその寄り道について書こうと思います。
最近地名紹介はサボってしまっていますが、この近畿巡りの記事が終わったら再開します・・・。
それでは。