昨日は23時前に帰ってきて「さぁて、阿知賀編一気見を見るぞ~」としたらニコニコに繋がらなくてやっと繋がったと思ったら混雑中とか出てきてふて寝しましたorz
今週末の16話配信はそんなことにならないでほしいが果たして・・・。

今回は大人組の名字を調べてみた①の続きのようなものです。
解説等は今回も名字由来net様にて調べさせていただきました。
それと補足的なものとして都道府県の特徴的苗字一覧様も参考にさせていただきました。
なお、比較的ポピュラーな名字の久保コーチ・藤田プロ・大沼プロは省略させていただきました。
ごめんなさい。

・善野監督
13228位 およそ500人

名字由来net様には解説等もなかったのですが都道府県の特徴的名字一覧様によると大阪府岸和田市で多く見られる名字だそうです。
ちなみに善野という地名はありませんでしたが栃木市にとちぎ蔵の街美術館という美術館があります。
この建物は「おたすけ蔵」と呼ばれた蔵を改装したものですがこの蔵を江戸時代に建てて所有していたのが先祖が近江商人だった善野家だそうで、中でも善野喜兵衛は喜多川歌麿と交流があったとも言われています。
(参考出典:プチたび様「「喜多川歌麿の肉筆画3点は世界一!」、栃木の歌麿に注目だ」


・赤阪郁乃
6210位 およそ1600人(大阪におよそ1000人)
【解説】
現大阪府東部である河内国石川郡赤阪村が起源(ルーツ)である。近年、大阪府に多数みられる。

この河内国石川郡赤阪村というのは現在の大阪府南河内郡千早赤阪村の旧赤阪村にあたる場所だと思われます。
赤阪












この青線の部分が旧赤阪村の辺りです。
ここには楠木正成が築城した楠木七城の1つで楠木本城とも呼ばれている上赤坂城趾があります。


・熊倉トシ
940人 およそ20600人(新潟におよそ5300人)
【解説】
現群馬県である上野国甘楽郡熊倉村が起源(ルーツ)である、中臣鎌足が天智天皇より賜ったことに始まる氏(藤原氏)秀郷流、徳川家に仕える幕臣も同族。現新潟県である越後にもみられる。日本列島の東側に多くみられる。

この上野国甘楽郡熊倉村は現在の群馬県甘楽(かんら)郡南牧(なんもく)村熊倉だと思われます。
熊倉











南牧村は群馬県の西部に位置する村で長野県に隣接しています。
熊倉地区はその長野県と余地峠を挟んで隣接する位置にあります。
ここは県道108号線で群馬・長野を行き来出来・・・るようになっていたのですが現在は余地峠の前後で通行止めになっています。
ちなみに長野県にも南牧村という村があるのですが(群馬南牧村から比較的近い場所にあります)長野県の南牧村は「みなみまきむら」と読みます。

・赤土晴絵
8049位 およそ1100人(奈良におよそ300人)
【解説】
赤土の地名は多い。赤粘土などが土壌にある場所が語源。奈良県、大阪府、兵庫県に多い。

ざっくりとした解説でした・・・。
赤土という地名は群馬県館林市や秋田県湯沢市にありますが、小鍛治プロの地元茨城県にもありました。
赤土












場所は茨城県常陸太田市赤土町。
残念ながら「あかど」ではなく「あかつち」と読むそうです。
この辺りは2004年まで久慈郡金砂郷(かなさごう)町だった地域です。
赤土2
























赤土町と小鍛治プロの実家がある石岡市高浜の位置関係はこんな感じ。
少し距離がありますね。
赤土町は常陸秋そばという茨城県の特産品の蕎麦の発祥の地として知られている場所だそうです。
(参考出典:常陸太田市HP/観光いばらき様「常陸秋そば漫遊記」

今回はここまでということで。
次回は名字調べでちょっと気になった南浦さんと平滝高校の紹介をしようかなぁと考えています。
16話配信の前か後かは体調しだいということで。
それでは。