何の変哲もない咲の地名紹介

動画を作ったもののブログ版です。さらにわかりづらくなるかも。最近は地名紹介以外の小ネタも多くなってます。文章がgdgdなのは仕様です。当面は不定期更新です。

清澄のある場所③/奈良県代表・阿知賀女子学院

月曜日の大雪のせいか、少し風邪気味です。

今回は奈良県代表・阿知賀女子です。
side-Aの舞台にしてメイン校と言うことで聖地を訪問された方も多数おられると思います。
阿知賀2
由来の地名は奈良県吉野郡下市町阿知賀。
下市町の場所はこの辺りです。
そして下市町阿知賀はこの辺りに。
阿知賀1
これは公式でも言及されていますが、阿知賀女子は吉野の山の上にあるという設定になっていますが実際の阿知賀地区自体は山の麓の方にあります。
この阿知賀がある下市町、ストーリーからも清澄と深いつながりがあるのですが実際にも清澄というものとつながりがあります。
それはこの方。
桐山清澄
画像だけ見てわかった方は将棋ファンな方だと思います。
この方は日本将棋連盟所属のプロ棋士、桐山清澄さん。
この方のご出身が阿知賀のある下市町なんです。
実際の読み方はきよ「ず」みなのですが数年前にテレビで「本当はきよずみなんだけど、皆さんにはきよすみって呼んでいただいてるんですよ」と笑いながら話すまで将棋連盟の公式サイトでもきよ「す」みと書かれていたそうです。
将棋の七冠(名人・竜王・王位・王座・棋王・王将・棋聖)のうち80年代に棋聖を3期、棋王を1期保持していたことがあり、名人戦でもトップ10とも言えるA級リーグに通算14期在籍(内リーグ優勝→名人戦挑戦が1度)していたとても強い方です。

この方から阿知賀女子の憧と穏乃の能力のヒントが何かないかなぁ・・・と探したのですが自分では発見できませんでしたorz
強いて言えば・・・棋聖・棋王ともに持ち時間が4時間の1日制で七冠のタイトル戦の中では1番短い時間での勝負であり(一番長いのは名人戦の持ち時間9時間2日制)、七冠戦以外のタイトルでは早指し将棋選手権を2度優勝するなど短時間での勝負に強い印象があってそこが憧の鳴き速攻のスタイルとダブるなぁ・・・って程度ですかね。
穏乃に関しては・・・わからないですね。
阿知賀女子の校舎の辺りに豊太閤花見塚があったり、
愛知阿知賀
愛知県岡崎市にも阿知賀があったり(愛知県岡崎市橋目町阿知賀)で、豊臣秀吉か徳川家康に関連した能力があるのかな・・・?

話を桐山さんに戻して。
桐山さんが育てている弟子の中に豊島将之さんというプロ棋士の方がいます。
2012toyoshima
平成生まれの棋士第1号で既に200勝以上を上げ現在の勝率も7割を超える超新星的な存在の棋士です。
ちなみに現在の通算成績で豊島さん以外に勝率7割を超えているのは羽生さんだけだったりします。
その豊島さん、関大一高の卒業生で関西大学に入学していました(対局が多忙になったため中退したそうですが)。

関西大学といえば、千里山。
阿知賀のある下市町出身の師匠に千里山の隣にある関西大学に在籍していたことのある弟子。
阿知賀女子と千里山女子が切磋琢磨し合うside-Aの流れに関係あるかはわかりませんが、何かリンクするものはあるような気がします。
ちなみに全く関係ない話ですが、関大一高の卒業生には若本規夫さんもおられます。

今回はここまで。
次回からは再び九州に戻って熊本県代表・郡浦高校の説明になります。
小ネタシリーズで苗字ものをやろうとしてたのですが先に紹介されてる方がおられましたので別のもの考えます(´・ω・`)
名前ものも時折やるとは思いますけど。

船Qのパソコンは自作パソコン?

こんばんわ。
阿知賀編13話配信が昨日だと思ってニコ動で待機してたマヌケ者です。

巷では18話の話題で盛り上がっておりますが、感想やどんな展開になったか・・・は他の咲ブロガー様が愛に溢れた記事をたくさん上げておられますのでそちらの方でご確認を。

自分はなぜか17話の話題を。
ふなきゅーPC
船Qが灼の背後にレジェンドの気配を感じるシーンの中の1コマですね。
この場面で1つだけ気になることがありまして。
ふなきゅーPC
モニターが6枚あるのにパソコンは1つしかない(ように見える)。
市販で売られているデスクトップパソコンで6画面見られるようなパソコンって売ってないよなぁ・・・と。
もしかして、船Qってパソコン自作してるんじゃないかな?と。

(情報出典・6画面マルチディスプレーの巨大デスクトップを構築する技)
詳しいことはリンク先を見たほうがわかりやすいのですが、1台のパソコンで6画面出す方法は3つ。

①1つで6画面出力できるグラフィックボード(ビデオカード、以下グラボ)を挿す
②PCI Express x16スロットを複数備えているマザーボードを使ってグラボを複数挿す
③USBディスプレーアダプターというものを使う

船Qの場合はどれなんでしょうねぇ。
①だとものすごくお高いグラボを買わないといけないから高校生の船Qでは辛いんじゃないかなぁ・・・
研究用のパソコンなので消費電力を抑えたいとなるとACUBEの「FPW60-2GERWC」というデジタルサイネージ向けのグラボがあるのですがこちらのお値段が・・・
きゃぷちゃ2
約10万(`・ω・´)
ゲーム用のグラボで6画面出せるモノだともう少しお安くなりますがそれでも6万近くします。
だとすると②か③でしょうか。
③は自分はあまり詳しくない(というか調べてもチンプンカンプン)なのでリンクの記事を見ていただくとして②の説明をPCに全く詳しくない自分がやってみます。

まざぼ
ASUSのマザーボードをお借りして。
赤で囲んでいるのがグラボを挿すPCI Express ×16のスロットです。
この中にも2.0と3.0と速度が違うらしいのですがそこはわからないので割愛。
ここに複数挿して6画面出力させるのが②の方法です。
ただ、複数指す場合はAMD社のRADEONシリーズ(HD○○○○)かNVIDIA社のGeForceシリーズ(最近のだとGT○○○やGTX○○○)かどちらかで揃える方が安全だそうです。

あとはその他必要なもの(CPUとかHDDとか電源とか諸々)を揃えてパソコンを作ります。
船Qと同じようなケースにしたい方は・・・一番似てそうな雰囲気なのはANTECのSOLOⅡでしょうか。
そろつー
あくまで雰囲気だけですけどね(´・ω・`)

あとはモニターを6枚揃えましょう。
最近では「IPS」パネルを使ったモニターなんてのも多くなってきましたし。
(こちらのIPSはIn Plane Switchingの略)
あとは6画面にするにはモニターアームも必要になってきます。
出来上がりのイメージの1例がこんな感じだそうです。
部屋が広くて「俺も船Qみたいに6画面やってみたいぜ!」という方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
自分は・・・部屋が狭いので今のところ1枚で我慢(´・ω・`)
できれば2枚にしてみたいですけどね。

今回はここまで。
最近小ネタやりすぎてるので次回からは当分地名紹介に専念しようと思います。
小ネタは阿知賀→九州の続きをやってからですね。
小ネタでやりたいシリーズがあるのですがそちらは追々ということで。
では、これからニコニコで阿知賀13話見まーす。

「清澄」のある場所②/東東京代表・臨海女子高校(1/11追記)

今回は臨海女子でございます。
この臨海女子、動画を作った際は東京都江戸川区臨海町が由来では・・・と紹介していたのですがどうも違うみたいで。
「咲の舞台が特定されたら、行くしかないでしょ」様の辻垣内さん登場シーンの舞台訪問の記事やその記事にあったコメントを見て江戸川区ではなく隅田川の周辺では・・・・と。
それで改めてGoogleマップをグリグリ見てみるとありました。
臨海7

東京都江東区清澄
隅田川と小名木川の合流地点の辺りにあります。
水色で囲んでいるのはおそらく辻垣内さんがいた辺りです。

で、臨海という名前がどこから来たのかというともう少し下の方に行くと
清澄4
門前仲町駅の近くに臨海小学校と臨海公園前交差点があります。
この近くにある永代橋はアニメ阿知賀編の8話の冒頭でワハハが阿知賀勢とモモを乗せて爆走していたシーンで出てました。
臨海1
臨海2

3つの位置関係としては
臨海8
臨海女子もこれから色々出番は出てくるでしょうし、何より立先生が育った場所がこの江東区(越中島)だそうなのでこの辺りは今後も舞台になる場所が増えていきそうな予感がします。

話を江東区清澄に戻して。
ここに私立中村高校という女子高がありまして、臨海女子のモデルってここなのかなぁ・・・と推測しています。
この学校、中高完全一貫制という学校なので今後そんな感じのフレーズとかが出てくれば間違いないと言えるのですがそれ以外にもすこーし似通ってる部分が。
臨海女子の特徴といえば留学生。
今回のオーダーも先鋒の辻垣内さん以外は全員留学生。前年は全員留学生という固めっぷり。
中村高校の場合は国際科があって臨海女子とは逆に海外へ留学させるのですが、海外志向というか国際志向という点では一致しているように見えます。

あとは制服の色でしょうか。
制服自体は形も色も全く違うものなのですが
(辻垣内さんが来ている制服と思しきものはセーラー・中村高校の現在の制服はブレザー)
この制服の色はバレーボール部もユニフォームに似せているのではないかな・・・と思っています。
中村高校のバレーボール部は80年を超える歴史があるみたいで
(情報出典・中村高校「チャンネル校長室」)
インターハイなど全部合わせて優勝30回を誇るそうです。
最近はなかなか全国の舞台で活躍できていないので位置づけ的には「古豪」ということになるのでしょうか。
近年の中で最も全国の舞台で活躍したのが1986年。
後にバルセロナ・アトランタ五輪のアメリカ代表として活躍するヨーコ・ゼッターランドさんを擁してインターハイ・春高で3位になっています。
その当時のユニフォームがこちら
img_917101_30362389_0
辻垣内さんの制服の色と同じ少し深めの赤に見えます。

長々と書いた割に理由はこれだけなので断定はできませんが、かすってる部分は多いです。
ヨーコ・ゼッターランドさん以外に中村高校を卒業された有名な方ではELTの持田香織さんもいらっしゃいます。
歌繋がりで雀明華持田香織説とか一瞬考えたのですがあんまり思いつかないのでやめましたw
ちなみに雀明華=フランス人という設定が誤植では?というのを時々見かけるのですが、フランスにも華僑や中国系フランス人の方はおられるそうです。
フランス華僑
かなり古い資料なのですがだいたいこんな感じです。
大体はベトナム経由でフランスに渡ったそうです。
ただ雀明華さんは見た目が中国人には見えないので両親のどちらかが中国系でもう一方は現地のフランス人なのではないかな?と思います。
本編もいよいよ準決勝に突入してこれから出番が増える臨海女子、そのベールを脱ぐ瞬間楽しみながら待ちたいと思います。

今回はここまで。
次回は船Qに関する小ネタもやりたい気持ちもありますが、まずはこのシリーズの3回目の奈良代表・阿知賀女子をやるのが先ですかねぇ。
(1/11追記)
次回は船Qの小ネタやります。
阿知賀はちょっと時間かかりそうな上に今までで一番まとまらない可能性があるのでもう少し調べたいと思います。

記事検索
  • ライブドアブログ